サプリメントなら確実|食事と共に補って効果に期待

夫婦

健康な体を維持するために

ファミリー

体に必要な要素

コレステロールは健康診断などで引っかかったりすることから、あまりいいイメージを持っていない人も多いと思います。しかし、コレステロールは他の要素と同じように体には必要不可欠なものであり、体全体にあるものです。コレステロールは脂質のことを指し、私たちが普段生活していく上で力の源となるものです。その役割は細胞に付随する細胞膜を作ったり、体の働きを良くするホルモンや脂肪を消化しやすくする胆汁酸などを生成することにあります。そのため、コレステロールの必要量も1000mgから1500mgです。これは体の中で生成されるだけでは足りないため、食事からも取り入れる必要があります。悪いものというよりはむしろ必要不可欠なものなのです。

悪玉のものと善玉のもの

悪玉コレステロールと善玉コレステロールという二種類があるため、悪性と良性というように思われることが多いです。しかし、この分類は主にその働きによってなされています。悪玉コレステロールと言われるものは体の至る所に必要な要素を運ぶ役割をしています。しかし、これを運びすぎることによって、血管にへばりついてしまうと動脈硬化の原因となることがあるためよくありません。そのため、悪玉と呼ばれることがあるのです。逆に善玉コレステロールと呼ばれるものは逆に悪玉が運んだコレステロールのうち余ったものを外に運び出す役割をします。このため、善玉と呼ばれるのです。コレステロールはそれ自体があるということが悪いのではなく、そのバランスが大切なのです。